第1回セミナー【2019.2.1 金】@合併講義室

2019.01.21

ビジネスを創造すること(起業)を通じて社会や世界の課題解決に挑戦するアントプレナーシップ(起業家精神)について、最前線で活躍する著名な起業家の体験談や考え方を学べる北九州高専発ベンチャースクールを開催!

普段の学生生活では決して会うことができない、日本や世界レベルで活躍するTVや雑誌・メディアにも多数登場の著名な起業家、社会の課題に対して革新的で創造的に挑戦しているトップランナー(≒突破ランナー)達の刺激的なストーリーを聞いてみませんか?もちろん講演後に質問や議論もできます!

セミナー名: 「ワクを外してワクワク生きよう!大切なのは好奇心」
〜自分が楽しめる生き方、働き方が一番大事〜
開催日時: 2019年2月1日(金)16:30~18:00(開場:16:15)
会場: 合併講義室

齋藤 潤一

(さいとうじゅんいち)先生
地域創生ビジネスプロデューサー/慶應義塾大学(非常勤講師)

地域創生ビジネスプロデューサー/慶應義塾大学(非常勤講師)

米国シリコンバレーの IT ベンチャー企業で、音楽配信サービスのディレクターとして活動。帰国後、東京・表参道で広告デザイン会社を創業。大手企業や地方自治体のブランディング・販路開拓で多数実績をあげる。東日本大震災を気に、自身のスキルと経験を、地域経済の活性化に活かす事を決意。NPO法人を設立。
「ビジネスで社会をより良くする」を使命に、シリコンバレーのデザイン思考の手法を取り入れた地域づくりを全国各地で行っている。その活動は、「シリコンバレー流の地域づくり」として日経新聞で取り上げられ、「地方創生実現ハンドブック」(日経BP)で地方創生の成功事例として選出された。

現在は、政府・教育機関・企業などのアドバイザーを務めながら、地域ブランディングや販路開拓、また地域の課題をビジネスで解決するソーシャルビジネススクール「サステナ」を通じて、全国各地の社会起業家の育成を行っている。

地域ブランディング、農産物の販路開拓も

その他では、人口約380人の離島、鹿児島県三島村の日本ジオパーク認定、宮崎県移住促進事業においては、宮崎県を2015年移住ランキングトップ10入りさせ、有機農業発祥の町として有名な宮崎県綾町の農産物の販路開拓(東京ミッドタウンでの「地域xデザイン展」選出)、京都府美山市の道の駅の商品開発、茨城県県北ビジネス創出事業の総合プロデュース、他、起業家育成を通じて、限界集落や過疎地域でのソーシャルビジネスビジネスを創出している。

メディア掲載:「全国メディアで掲載多数」

【新聞】
日経新聞、日経ビジネス、日経BP、日経MJ、毎日新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、その他地方紙多数

【本・雑誌】
東京ウォーカー、月刊「事業構想」2016年11月号、 財界九州、月刊地域づくり、流通通信、「地方創生実現ハンドブック」(日経BP)、「挑戦者たちに学ぶデジタルマーケティング」(パイ・インターナショナル出版)

【テレビ】
テレビ東京「ガイアの夜明け」NHK特集,フジテレビ「ホウドウキョク」,ワールドビジネスサテライト

セミナーへのお申込み:

セミナーへの参加をご希望の方は、下記フォームに氏名と連絡先をご入力の上、送信してください。



北九州高専プロジェクト【NEXT INNOVATION】とは、
北九州高専が取り組むアントレプレナーシップ醸成プログラムです。 様々な課題を「突破」して未来を創るオープンイノベーションの場を提供し、 学生たちの新しい価値の創造や積極的な挑戦を後押しします! *本プロジェクトは,KOSEN4.0イニシアティブ事業「ロボット技術を活用したアントレプレナーシップ醸成教育基盤の構築」として取り組んでいます。
詳細はこちら▶︎▶︎▶︎https://next-innovation-toppa.com/

BACK TO PAGE